読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外ヨシモト冒険記~カンボジア編~

わずか1時間の会議の後、カンボジア赴任を言い渡された男の話

本当に来ちゃったよカンボジア・・・

カンボジア移住

暑い・・・とにかく暑い・・・

それもそうだカンボジアにいるのだから・・

 

遡ること2週間前、わずか1時間の会議でカンボジア行きが決定した・・・

何をしてもいいかわからないまま海外・・・

そして今プノンペン空港でたたずんでいる・・・・。

 

今回は2か月間の滞在になる。

海外もまともに行った事がない偏差値39の男がどのように生活していったのかを

ブログで残せたらと思い初めてみた。

※当然ながらPCも素人である・・・

 

 

とにかく寝床の確保をするため

事前に予約してあるアジアホテルに向かわなくては!

トゥクトゥクのドライバーに

「アジアホテルOK?」

なぜか伝わらない・・・

そしたら

「あっちーなー」ってなぜか日本語で問いかけてくるから

「あっちーっす」って言ったら

なぜかアジアホテルに連れてきてくれた・・。

きっと【あっちーな】ではなく【アジア】と言っていたのだと着いた後に気づく

 

 

なんだかんだでやっとホテルに到着!

喉が渇いた・・そうだ!イオンモールがあるはず!!

そう思い、ホテルの部屋を出ようとしたが鍵がかからない!!

ドアを閉めて、鍵を指して回す・・・かからない・・・・・・。

しばらく挌闘した後、フロントへ向かい

「カギ、ロック・・・ノー・・ホワイ?」

知っている単語だけ並べてみたが、めちゃめちゃガンを飛ばされた・・・。

 

もう少しジェスチャーを加えて伝えると

なにやら一緒にホテルボーイっぽい人がついてきて鍵の締め方を教えてくれた。

 

やっとのことで外に出ると

トゥクトゥクドライバーが待ち構えていたかのように話しかけてくる。

そこで再び僕の語学力の登場である。

イオンモールOK?」

伝わらない・・・・。

「イ・オ・ン!」

ゆっくり言ったら伝わったが、何やら一緒に飯を食わせろ的な発言をしてきた。

これは何やら事件の匂いがする気がする、断った方が良いのでは・・・・

そこで僕は言ってやった

OK!カモーン!!」

これから僕はこの言葉も通じない、知り合って1分程の他人と

食事を共にするのかと思うと何だか笑えてきた・・・。

 

現地について「行くぞ!」って言ったら

何故だかやっぱり待ってると言い始めた・・

しょうがないので1人で中に入る・・。

 

やっぱりイオンは凄い!どこにあろうがこのクオリティを保つとは・・・・

しかし思いのほか飲食店はガラガラ・・・

僕はラーメン屋に入りラーメンと餃子とビールを飲んだ。

 

帰りは行きのドライバーが待っていたので

再び呼び寄せそれに乗って帰る。

帰り際に「飯一緒に食えなかったから、一人で食ってきな」と

飯代を渡した。↑伝わっているかどうかは分からないが・・・

 

普通の事が普通に出来ない・・海外は難しいな・・・

でもその反面普通の事なのになぜか楽しい!これもいいなと思った。

 

とにかく今日は寝て、明日に備えようと思う。

明日は現地で住む家を探してこなければならない。

僕の語学力、先行きとても不安である・・・・・。