読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外ヨシモト冒険記~カンボジア編~

わずか1時間の会議の後、カンボジア赴任を言い渡された男の話

二人のバイクタクシー

カンボジア移住

カンボジア3日目・・・

 

家を出るといつものようにバイクタクシーに声をかけられる

いつも徒歩で出て行き、途中で拾う事が多いのだが、今日は一度くらい乗ってみようかと

「ハロー」と声をかけた。

今日の行き先は行ったことが無く、なんて説明すればいいかも分からないので

地図を見せて

「あいうぉんとごーひあ」

と指さして伝えた。

かなり自信無さそうだったが

「カモーン」と言って僕は後ろに乗った。

 

後ろに乗って20分くらいだろうか

明らかに道に迷っている、でも色々周りを見渡してすごく頑張っている。

ここら辺だという所で「OK、サンキュー」と伝えて降ろして貰った。

そしてきちんと相応の料金を支払った。

 

降りてみたものの、歩いても歩いても全然道が分からない

しょうがないのでそこらへんのバイクタクシードライバーに再度地図を見せて聞いた。

でもこの人も地図が読めなくて場所が微妙なようだ。

 

結果は・・・・・・・・・・・ものの2分程で目的地へ着いた・・。

 

このドライバーは道行く仲間のドライバーに道を聞きながら運転をしていったのである。

ハウマッチ?」と私が聞くと

「ノーノ―!」となんとお金はいらないと言ってきた。

でも、私は一人目のドライバーより1ドル多く料金を支払った・・・。

 

 

f:id:lobby0221:20170224005834j:plain