読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外ヨシモト冒険記~カンボジア編~

わずか1時間の会議の後、カンボジア赴任を言い渡された男の話

徒歩には気を付けようプノンペン

カンボジア滞在21日目・・・・

 

カンボジアの道路状況について今回は書きたいと思う・・・・

沢山の車、もっと沢山のバイク、本当にプノンペンの交通量は物凄い・・・

しかし町並みには一つの違和感がある・・・・

徒歩で動く人は本当にゼロに等しいという事である!

つまり、人が歩くように道路が出来ていないのである・・・。

 

大きな国道を渡る時どうするか・・・

日本だったら当然歩行者信号が青になったら渡る・・当たり前のことだ・・・・

しかし、その信号が無い場合どうするか・・・

正解はひかれないように突っ込む・・となる・・・・。

 

今日徒歩で外に出た・・

家から徒歩10分くらいの所に用事があった為だ。

トゥクトゥクを使うには近すぎる・・その為、歩いていこうと思った・・・。

 

目的地までは大きな国道を渡らなければならない・・・。

本当に日本の国道のように車とバイクがびゅんびゅん走っている・・。

信号??そんなものは無い・・・

とりあえずまずは中央分離帯まで・・・タイミングを見計らう・・・・

「今だ!!」

ダッシュで渡ろうとしたがガンガン車とバイクは突っ込んでくる。

人をはねる事に躊躇は無いのか!?ってな具合にガンガンくる・・・

リアルにひかれそうになりながらなんとか中央分離帯まで来た・・・・。

あと一回乗り切れば・・・・。

そう思っていたとき何故だか交通量がいきなり増してきた・・・・・。

これは絶対に渡れない・・・・・しかし、ここは中央分離帯・・・・・・

 

これがマリオカートだったら、コインをばらまいて、ジュゲムが釣り竿で持ち上げてくれるが

紛れもないリアルである・・・はねられたらコインどころか血をまき散らして

救急車で運ばれるのがオチだ・・・(そもそも救急車あるのか・・・・・。)

 

一瞬の隙間をぬって車道に飛び出す・・・急速にスピードをあげる車

やばい!と思ったがもう後には引けず駆け抜ける・・・・・・・・

ドラマか!?ってな具合で、本当に危機一髪で道路を渡り切った・・・・・。

 

時計を見たら徒歩10分の距離が40分経過していた・・・・・・・・・・。

 

プノンペンに歩行者がいない理由が分かった・・・

これならトゥクトゥクの方が絶対にいい・・・・

とにかくプノンペンは徒歩をするための整備がない・・

徒歩で出かける際にはくれぐれも気を付けて欲しい・・・

 

帰りはどうしたかって??

「へい、トゥク!」

これが一番安全でしょ・・・・。